ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「インファナル・アフェア 無間序曲」
あらすじ…1991年、香港マフィアの大ボス、クワンが暗殺された。だが配下のボス5人うちのひとり、サムだけは造反を目論む4人のボスたちをよそに唯一静観を続ける。実はこの暗殺は、サム(エリック・ツァン)の出世を願う妻マリー(カリーナ・ラウ)が夫も知らぬ間に手下のラウ(エディソン・チャン)へ命じたものだった。その後ラウはサムによって警察学校へ送り込まれる。一方、クワンの私生児であることが発覚して警察学校を退学処分になったヤン(ショーン・ユー)は組織犯罪課のウォン警部(アンソニー・ウォン)に組織へ潜入することで警察官の道が開けると説得される。ヤンはクワンの跡を継いだ次男ハウ(フランシス・ン)に認められ組織の一員となっていくのだった。

3部作としてのこの2作目は相互に潜入することになった若き日のヤンとラウを追うストーリーになっています。

鮮烈な印象を残した前作。あれでもう完璧だと思えるその続編を作ると言うのはなかなか勇気がいる事ではなかったかと思います。
本当の続編はこの後の「インファナル・アフェアⅢ終極無間」のようで、本作は過去に戻り前作で語られなかった「潜入」の動機が語られます。
1作目と3作目の間にこの「Ⅱ」を入れた事で何が語られるのかと・・そういう意味で興味を持って観ました。

事の発端はサムの妻マリーが夫の為に大ボスのクワンを殺害させることで始まります。
「愛する男の為に何でもする」・・愛する男の為にしたことが、全ての歯車を狂わすきっかけになります。
統治されてされていた尖沙咀(チムサアチョイ)と、そこを仕切る配下のボス達の関係は崩れ、やがて跡を継いだハウによって命を狙われることになるのです。

「警察官が組織に」「組織の者が警察に」潜入していく運命を背負わされた2人の苦悩がもう少し表現されているのかと思ったらその部分は軽く、
どちらかと言えば、サムが大ボスにのし上がっていく過程と、ウォン警部とルク警視との関係を深く描いていたように思います。
どちらかと言えばスピンオフ的ストーリー。

それでも中だるみなく男たちの駆け引きが続き、しっかりした内容になっていました。
香港返還という時代背景も見せていてリアル感があるところも注目です。

エディソン・チャン、ショーン・ユーの若手俳優が新鮮で(ちょっと似ていて最初は戸惑いましたが)今後の活躍にも期待します。

20051103214935.jpg



公式サイト  http://www.infernal.jp/story/2story.shtml
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

男ばかりの男臭い作品と思われがちですが、その影で宿命的な運命に翻弄される女達のドラマにも見を向けてほしいです。息を呑む攻防戦は見ものですね。低迷した香港映画に光を射した傑作に間違いなしです。
【2005/11/26 17:18】 URL | メメント #- [ 編集]

これは コブタは痺れました!
これって 主役二人に対してだけでなく、周りを固めるオヤジたちの男臭い生き様にも痺れてしまいました。
人間ドラマ中心の1 2から 一点心象風景へはいっていく3はとまどいがあったものの、この三部作で見事に一つの世界を作り上げていましたよね!
【2006/07/21 13:00】 URL | コブタです #- [ 編集]

男クサさに酔いますね!
中間にあたる作品は中だるみする事が多いのですが、この2は無くてはなら無い「2」でした。
サム、マリー、ハウ。誰をとっても必要なキャラで、関係を主演2人より強調した事が返って3への期待を膨らませると言う稀な作品でした。
もちろん主演2人の内面もおろそかにしていない。男達の駆け引きの絡み合いが本当に面白かったですね。
【2006/07/21 21:24】 URL | ai #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/123-1e87fd49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

●インファナル・アフェア 三部作

三部作の映画は多いものの、撮影時のテンションの違いか作品三作のパワーやトーンがバラバラで、全体で大きい世界を作り出すところまでいけれないものが多いのですが このインファナル・アフェアは個々でみても楽しいの コブタの視線【2006/07/21 12:51】
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。