ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」
あらすじ…ある日、海辺で遊んでいる時に自宅が火事になり、両親が焼け死んでしまった3姉弟妹、ボードレール家のヴァイオレット(エミリー・ブラウニング)、クラウス(リアム・エイケン)、サニー(カラ&シェルビー・ホフマン)。長女のヴァイオレットは天才発明家、智恵とひらめきで日常の発明品を作るのが大好き。長男のクラウスは本の虫で、普通の人が一生かかっても読みきれない量の本をすでに読破している。末っ子のサニーは噛むことが大好き、どんなものでも噛み付いたら離さない女の子。身寄りの無い3人は遠縁の親戚オラフ伯爵(ジム・キャリー)が預かることになる。伯爵は三姉弟妹の巨額な遺産をかすめとろうと次々と三姉弟妹に次々仕掛けてくる。

色調が「ハリポタ」を思わせるカラーで、ファンタジー寓話の本の中に入り込んだ感じです。

親にも死なれ、あちこち親戚をたらい回しにされたあげくに自分達までも殺されかける確かに不幸な姉弟妹。
けれど、それを機転を利かせて乗り越えていく彼女らは笑顔さえないものの悲惨は感じられません。
それは原作の陰湿なトーンを下げてだいぶやわらかく描いたからとの事です。
家族で観る映画にこだわったのかもしれません。

この題名で描くなら原作にもっと忠実になっても良かったかもしれませんね。
観る者は3姉弟妹の哀れ過ぎるどん底を描いた一風変わった映画を観たい好奇心でこの作品を観るはずだから。
それがファンタジーらしさを大事にしたためにそこまで悲惨に描く事ができずに「3人負けるな!」という程までの思い入れが出来なかった感じはします。

・・・と、映画タイトルとストーリーを見比べてしまうとそんな評価をしてしまうのですがなんと言ってもジム・キャリーの変装ぶりが楽しませてくれました。
彼の顔芸(?)は「マスク」で培われたもの?っていうくらいよく動いてます。役作りにはそうとう力をいれた事が伺い知れるところです。
彼の演技がこの作品を「ファンタジー」に仕上げたと感じるくらい素敵な演技を見せてくれてます。
すごく悪人で嫌なやつなんだけど、子供達に「これはキャラ」とはっきりと伝える力がありました。

そう、先にも書いたようにこの作品は1冊の童話を子供達に読み聞かせるような感覚で観るとすごくいい。「白雪姫」みたいに。

「不幸」を観たい「大人」には物足りない作品ですが、我が家を無くして絶望する子供達に「3姉弟妹が揃ったところが我が家だよ」と兄妹の大切さを唱えている、そんな可愛い3姉弟妹のメッセージある冒険ものとして子供と観るには丁度いい温度だと思います。

20050921142618.jpg



公式サイト  http://fushiawase.jp/
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

美術や衣装、音楽。エンドロールのアニメなどのディテールが独特の世界観を醸し出していて、雰囲気がすごくいいです。シックなお伽話風とでも言うのでしょうか。個人的にかなり好みです。役者たちも良いですね。ジムは上手いし、子役は可愛いし。
【2005/09/21 20:52】 URL | メメント #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/107-5094cd1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語

ハリーポッタのように人気のあるそうな物語だそうですが完全に 子供向けファンタジー映画ですジムキャリーがバリバリの癖のある演技 癖強すぎなんと ダステン・ホフマン メリル・スリープジュード・ロウまで ちょい役で出て主人公たちを食ってしまいそうな存在感その中 travelyuu とらべるゆうめも MEMO【2005/09/24 01:27】
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。