ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「マッハ!!!!!」
あらすじ…タイの片田舎、のどかなノンプラドゥの村で、人々を災いから守ってきたオンバク像が首を切り取られ盗まれてしまう。犯人は村の出で、今はバンコクで密輸団の手先となっているドン(ワンナキッド・シリブッド)という男だった。災いを恐れる長老たちが取り返してくれる者を募った時、村一番のムエタイの使い手である青年ティント(トニー・ジャー)が引き受けるのだった。バンコクへと向かいまず長老の息子ジョージ(ペットターイ・ウォンカムラオ)を訊ねる。しかしいかさまし師の彼に持ち金を取られる事に。彼を追って違法格闘場に行ったティンはお金を取り返すためにリングに上がる。

「CGを使わない」「吊りロープを使わない」「早回しを使わない」「スタントを使わず全て本人が演技をする」

「マッハ!!!!」はアクション映画の今の当たり前を打ち破り、全て原点に返って「生身の実演」にこだわった作品です。
もう、これだけで観たくなりますよね!

ストーリーは特別凝っているわけでもなく、単純ではありますがそれもストレートに技に酔えてOK。
トニーはジャッキー・チェンに憧れてアクション俳優になったと言いそのアクションは本物です。

格闘シーンの迫力はもちろんですが、なんと言っても「疾走シーン」が目を楽しませてくれます。
スタントに次ぐスタント。
これは「本人が実際になんの編集もせずに演じたもの」とわかっている上で是非観たいものです。

車の上を台も無くジャンプしたかと思えば、針金の小さな輪くぐり。
敵の肩から肩を飛び抜けて、走っている車の下に滑りこむ・・・
一人で観ていても「お~~~!!」と歓声をあげてしまいました。

ムエ演じるプマワーリー・ヨートガモンは少女時代の広末涼子のような眼差しのするどさと愛らしさを兼ね備えて一本筋の通った不良少女を好演。
ジョージ役ペットターイ・ウォンカムラオはティンの後を必死に真似しながら逃げ、でも失敗しちゃうというお笑い要素を持ち合わせていたりして存在感たっぷり。

トニーが殆どしゃべらないキャラで、サイドキャストにインパクトある個性派を揃えることで今回は作品キャラとしてはアクションだけに集中し充分いけたけれど、これから飛躍できるかどうかは演技もできる俳優になれるかどうかでしょう。

とにもかくにも、本物のムエタイと本物のスタントをじっくり堪能できる点で○です。

mahha.jpg


公式サイト  http://www.mach-movie.jp/

スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

ストーリーは単純明快で物語というより、アクションへ繋ぐきっかけとして存在してるようでした。でも、アクションに取り組んでいる姿勢が伝わってきて非常に後味の良い作品になったのでは。
【2005/09/07 21:33】 URL | メメント #- [ 編集]

トニー・ジャーは凄いの一言ですよね!
この作品は 爽快の一言ですよね!
とにかく トニー・ジャーのアクションは本当に凄いですよね~。
スピード キレ 今が一番ノッテいるという感じですよね!
トムヤンクンより 物語はこちらのほうが好きでした!
【2006/07/21 13:18】 URL | コブタです #- [ 編集]

素朴な作風
テンションの高さはピカイチで、なのに妙に素朴な雰囲気を醸し出しているですよね。
ストーリーのわかり安さなのかもしれません。
ティントと不良少女の絡みもよかったし、大事な物を取り返すという設定は「トム・ヤム・クン」と似ているんだけど深みはこちらの方がありましたね。
【2006/07/21 21:44】 URL | ai #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/100-c61fda81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マッハ ONG-BAK

トニー・ジャー主演 アクション映画タイのムエタイの格闘シーンのある映画ですタイの田舎の村に 村の神様としてあがめられている仏像がありましたある時その仏像の首を村の出身のドンが盗んでバンコクの古美術密輸団に売りさばき 換金しようとするのですそこで村では村一 travelyuu とらべるゆうめも MEMO【2005/09/10 21:17】

●マッハ!(ONG BAK)

「CG使いません! ワイヤー使いません! スタントマン使いません! 早回し使いません ムエタイでやります」といったコピーで公開されたタイのアクション映画です。先日オンラインゲームしているときに、友人に作 コブタの視線【2006/07/21 13:13】
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。