ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「パーフェクト・ストレンジャー」
―ラスト7分11秒、あなたは絶対だまされる―
このキャッチコピーが上手かったですね。
ハル・ベリーにブルース・ウィルス、プラスこのキャッチコピーでやっぱり観てきちゃいました。

20071111182700.jpg


女性記者のロウィーナは、ある時、幼なじみのグレースが殺された事件の調査に乗り出す。グレースが、出会い系サイトで知り合った大物経済人のハリソン・ヒルと不倫関係にあったことから、ヒルに疑いの目を向ける。知り合いのハッカー、マイルズの協力でヒルに近づき、やがて身分を隠して彼の会社に派遣として潜り込むことに成功する。

フラッシュバックが多用され、そこになにかあると思ったもののやっぱりだまされたことはだまされた。

調べていくうちに、ヒルだけじゃなくロウィーナの周囲の人物にも疑惑が出てきて、真犯人はこの人かもしれない・・と混乱してくる・・・
その見せ方は面白く、かなり緊張感もありました。
ただし、真相がわかってしまった後は逆にストーリーの無理強いを感じてしまいました。

はっきりとしたネタバレになってしまうので書けませんが、
おお~~~!!!という程の真相ではなかったし、勘のいい人なら案外この謎にはいち早く気付いてしまえそう。それくらいの伏線でした。

キャッチコピーはとてもいいと最初に言いましたが、
逆にこのコピーのお陰で犯人探しならぬ「犯人外し」は出来ちゃうんですよね。
いかにも犯人っぽく話が進んでいくと、
「いや・・最後にどんでん返しがあるんだからこの人が犯人じゃないな」って読んでしまいました。
このコピーが無かったらもっとストーリーが新鮮に思えたかも。
キャッチコピーって如何に大切かよくわかるってもんです。
映画館に呼びこむ事には成功しても、作品に満足出来なかったら成功とは言えませんからね。

あたしは単に深読みが出来なかっただけ(-_-;)まだまだ修行が足りのないのですね。

              (映画館にて鑑賞 19年10月8日)









スポンサーサイト
▲TOP
「ファンタスティック4 銀河の危機」
日本では駿河湾が凍結し、エジプトでは雪が降り、そしてロサンゼルスでは大停電が起こるという怪現象が発生。
その異常現象の原因は全身銀色に輝く宇宙からの使者・シルバーサーファーが引き起こしたものだった。更に彼が現れた惑星は、各地に異常現象を引き起こしながらわずか8日間で滅亡してしまうという・・

20071111175744.jpg


前作の4人の敵、Mr.ドゥームはあまりにユルイ的でした。
すごい能力を持った4人が力を合わせて戦うような敵じゃなかったんですよね。あれくらいの敵は1人で充分でしょ・・って思ってしまったのでした。
今回は8日間でその惑星を滅亡させてしまうという触れ込みで、そうよ、これくらいのスケールじゃなくっちゃね!って期待したのですが・・。

ネタバレあり↓↓↓

4人の紹介的なものが前作で済んでいるため本筋にすぐは入れた分、テンポは良かったと思うし、シルバーサーファーとの戦いもそれなりに面白く観れました。
でも、この最強の敵と思われたシルバーサーファーが実はいい人って展開はやっぱり腰砕け(-_-;)
いい人があっちこっちで惑星を滅亡させてちゃダメでしょ!って話になっちゃう。

4人はシルバーサーファーを命がけで守るって・・・素直に素敵♪って受け入れられないあたしはアマノジャクでしょうか。
Mr.ドゥームは何故か復活し、しかも最後は4人が地球を救ったと言うよりも、シルバーサーファーのお陰ってことですからね~~(-_-;)(-_-;)ヒーローはシルバーサーファーでしょう。4人はまた地上でヒーローと崇められいいとこ取り。

4人の能力が入れ替わる部分をもっと膨らませたら良かったのに。
前作よりは映像も迫力あったものの、安易に前作の敵を復活させるなどストーリーの甘さがまたも抜けなかったという印象。

              (映画館にて鑑賞 19年9月28日)



▲TOP
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」
95年10月~96年3月にかけて放送されたオリジナルの「新世紀エヴァンゲリオン」の劇場版。全26話のTVアニメを4部構成にして公開される作品です。

20071111170712.jpg


2015年、“エヴァンゲリオン―ーエヴァと呼ばれる“人造人間”に乗り込み“使徒”と呼ばれる謎の敵と戦う少年少女たちの物語・・とのこと。

子供に連れて行ってと言われるまま予習も無しに観てしまったので正直話の内容は良くわかりません。
帰ってからたまたま動画サイトでやっていたTV版を鑑賞してみたら、映画の映像とほぼ同じでした。
オリジナルをデジタル処理してのリニューアル公開なのでしょうか?

名前はよく聞いたし、10年前くらいには社会化現象と言われるくらい若者を虜にしたお化けアニメだったように記憶しています。
ただ女の子(^_^)のあたしはオリジナルアニメも観ていないしその魅力に触れることなく今まできてしまいました。

14歳の少年がエヴァという人造兵器に乗り込み敵と戦う・・でもヒーローらしからぬ、彼はとてもネガティブな性格。
迷いに迷い、それでも戦いに臨んでいく姿が妙に心に残りました。
内面的な部分が丁寧に描かれている点が大人達をも魅了したのでしょうか。

父親との葛藤や、地球に何故使徒が襲来してきたのか、そこらへんがポンと抜けてすぐに戦闘態勢に入るため、
あたしのように初めてエヴァに触れる者にとっては世界観を掴み憎いです。“破”“急”と進むにつれてそこらへんの答えが得られるのでしょうか。

次を観ようか今のところちょっと迷い中。
宇多田ヒカルが唄う「Beautiful World」はいい曲で携帯に即ダウンロードしちゃいました。

              (映画館にて鑑賞 19年9月22日)

▲TOP

ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。