ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「ビッグ・フィッシュ」
あらすじ…妻とパリで幸せに暮らすジャーナリストのウィル・ブルーム。父エドワードは自分の人生を幻想的な話として語り、聞く人を魅了し楽しい気分にさせ人気もあった。ウィルも子どもの頃はそんな父の話を聞くのが大好きだった。しかし3年前の自分の結婚式で喧嘩して以来、父とは不和が続いていた。そんなある日、母から父の病状が悪化したとの報せを受け、ウィルは妻を連れて実家へと向かう。しかし、病床でも相変わらずホラ話を繰り返す父と、父の本当の姿を知りたいと願う息子の溝はなかなか埋まらなかった…。

大人のファンタジー童話のような作品です。
絵本を開くと「魔女」も出てくる、「巨人」も出てくる、「双子の一体人間」まで…。

父エドワードの話しは自分の人生を壮大な物語に変えてしまっている。聞く者にはその「ホラ」は彼の人生記というよりも「物語」として多いに楽しいものでした。でも息子にとってはそうではありませんでした。
「自分は父の生き様をまるで知らない。父は本当の事を話してくれない。そんな父を理解できるわけが無いんだ・・。」と父と距離を持ってしまいます。

けれど彼も父親になろうとしていて、父に対する気持ちにどう向きあって行けばいいのかと悩むのです。
病床の父の書斎の片付けを母に頼まれて、そこに踏み込んだ時、本当の父の生き様を追ってみようと決意するのでした。

医者が言います。「君が生まれる時エドワードは仕事でその場にはいなかったんだよ。まったく普通の話しさ。釣りをしていて魚に結婚指輪を食べられたと言う話の方がずっと面白いと思うんだがね。」・・・。

人生なんていうものはいつもいつもそんなに面白おかしいものじゃない。まじめに一生懸命生きていくっていうことは案外平凡なものだったりするのです。
エドワードが「ホラ話」として話しを壮大にしたのは、彼の想像逞しい事にも由来したかもしれませんが、「人が聞けばなんでもない人生」でも、「自分にとってはかけがえの無い人生だったのだ」と自負していたからなのではないでしょうか。
それくらいいつも前向きでひたむきに、全てに打ち込んできたのに違いありません。

病床で父の話を受け継いでウィルが物語を話して聞かせる場面が秀逸です。その話がなんともファンタジーでありながら何故か現実的でもあり素敵なのです。それは確かに「ホラ話」なのですが父を受け入れたウィルの感情がすべて凝縮されています。涙、涙でした。

父と息子は近い存在でありながら遠い関係だったりします。
手の届かない存在だと思った父が、自分が大人になって父親になった時「自分と同じ普通の人」だったのだと知る。
監督ティム・バートンは現実と虚構の世界を父として、息子として心優しく、美しく映像で見せてくれます。

20050430183704.jpg



公式サイト  http://www.big-fish.jp/contents.html" target="_blank">http://www.big-fish.jp/contents.html


スポンサーサイト
▲TOP
「パッション」
あらすじ…イエス・キリスト最後の12時間と、復活――。弟子のユダに裏切られ、大司祭が差し向けた兵に捕らえられたイエス(ジム・カヴィーゼル)。夜中の裁判で司祭は神の冒涜者とするも自分達の手で裁かずにローマ提督ピラトに引き渡す。ピラトは、イエスの罪が不明確だと知りつつも、敵意をあらわにする司祭と群衆を前に、彼を十字架にかける決定を下す。鞭打たれ、傷だらけの体で十字架を背負い、イエスはゴルゴダの丘へと足を進める・・・

この作品を観ているのは過去に例が無い位辛く、残酷で、胸苦しく、悲しく、自分がここから何を得ればいいのか悶々としました。
鞭打ちの刑では鞭の先に鋭利なものが付いており、打つたびに身体にくいこみ肉をえぐり出す。いばらの冠を頭に押し込む。手のひらと足首に杭を打ち込む…。そんじょそこいらのスプラッターホラーなんて全く平気なのにこれはきつかったです。
それは『自分が罪を背負い、迫害者の許しを神に乞う』…知ったいたつもりの「イエスの最期」があまりにも過酷だったからでした。

監督メル・ギブソンはここまでして何を観客に伝えたかったのか、正直私にはわかりませんでした。
けれど、最後にイエスが復活を遂げるあのシーンを観た時に、なんでしょう・・救いを感じました。
「神の子」として誕生したイエスが本当の覚醒を遂げたあの瞬間。何かが終わり何かが始まった。
それを見届けること、それが「観客」の成し得ることの出来る一番の役割なのかもしれません。

公式サイトではどうしてイエスが裁かれたのかといった作品を知る上で重要な点が幾つも書かれています。モニカ・ベルッチ(マグダラのマリア)の役を知ったのもサイトででした。
とても参考になりますから、観る前、観た後、どちらであっても一度読んでみることをおススメします。

passyonn.jpg



公式サイト http://www.herald.co.jp/official/passion/introduction.shtml


▲TOP
「父、帰る」
あらすじ…ロシアの片田舎で母と暮らす2人の兄弟、アンドレイ(ウラジミール・ガーリン)とイワン(イワン・ドブロヌラヴォフ)の元に12年前に家を出て行ったきり音信不通だった父(コンスタンチン・ラヴロネンコが帰ってくる。兄弟は写真でしか父の顔を知らなかった。寡黙な父はこれまでのことを何も語ろうとはせず、母も事情を説明しようとはしない。兄弟の戸惑いをよそに、翌朝父は彼らを小旅行に連れ出す。道中、父は子どもたちに対し高圧的に振る舞う。そんな理不尽な接し方にも、父に従順な兄に対し、弟のほうは徐々に反抗心を募らせていくのだった…。

ロシア映画だし、この映画に対して興味を持ってもいなかったのにDVDを手に取ったのはパッケージの写真(下の写真)の子供の鋭い眼差しが目に焼きついたからです。
2003年ヴェネチア国際映画祭で最高峰の金獅子賞を獲得している事、そしてあらすじを読んで「観たい」と思いました。

父は帰ってきた理由も、今まで何をしていたのかも言わない・・
兄アンドレイは高慢な父の態度に戸惑いながらも帰ってきた父を受け入れようとします。
弟イワンは受け入れらずに反抗的な態度があらわに出て・・そして強要されて言わされる「パパ」と言う言葉が苦痛で仕方ないのです。
同じ立場でありながら全く対比的な二人の感情。私はどちらにも共感できます。それくらい複雑なそれぞれの想いが伝わってきます。

イワンがラスト近くに「パパ!」と叫ぶシーンがあります。
それは強要されたのでもない、自分の中から出てきた本当に父を求めた「パパ」だったのでしょう。胸を打つシーンです。

子供達の演技は演技を通りこして役になりきっています。特にイワン役ドブロヌラヴォフの鋭い眼差しは印象的です。

観ている間は地味な印象を受ける映画なのですが観終わった後にどんどん胸に迫ってくる素晴らしい作品だと思います。

20050425155142.jpg



公式サイト  http://www.chichi-kaeru.com/

公式サイトへはリンクからどうぞ

▲TOP
「扇子」
20050425150904.jpg


あらかじめ切り出した素材に描いていきます。
ブラックとホワイトのみ使用。

花、葉を描く時は、<ホワイト>のサイドローディングで描きますが<ホワイト>を2倍に薄めたもの水代わりにしています。
そうすることによって反対側にも輪郭ができるわけです。

ブラックにホワイトのウォッシュは描き直しがきかないので単純そうなのにかなり苦戦した作品です。


20050425150923.jpg



20050425150939.jpg


▲TOP
「ヴィレッジ」
あらすじ…深い森に囲まれた村。人々が家族のような絆で結ばれながら、幸福な暮らしを営んでいる。その村には決して破ってはならない三つの掟があった。「森に入ってはならない、不吉な赤い色を封印せよ、警告の鐘に注意せよ」。誰が何のために掟を作ったのか、確かなことは誰一人知らないが、村人は森に棲むと噂される未知の生命体を恐れ、自分たちの世界の中だけで慎ましく生活していたのだった。そんなある日、ひとりの若者ルシアス( (ホアキン・フェニックス)が、村にはない医薬品を手に入れるために、禁断の森を抜ける許可を申し出る…。

この手の映画も「スリラー」のジャンルに入るの?といった感想。見えないものに対するものへの恐れは確かにスリラーなのだけれど…。
全編を通して描かれているのは恐れに立ち向かう「愛」です。
わたしはこれはラブ・ストーリーのジャンルに入れたいくらいです。仰天のどんでん返しはあまり期待して観ない方がいいでしょう。

何故にその村は閉鎖されたのか、その謎が明かされた時、「夜に爪を切ったら親の死に目に会えない」とか「正午ぴったりに家を出てはいけない」とか・・そんな日本で言う諭し的なものを思い出しました。

シガニー・ウィバー、ウィリアム・ハート、ホアキン・フェニックスと名高い役者が揃う中で、「戦場のピアニスト」でアカデミー主演男優賞を獲ったエイドリアン・ブロディが実に素晴らしい演技をしています。精神薄弱な青年を演じているのですが、彼の演技が光っていました。作品をと言うよりもブロディを観て欲しいために推薦したいかも。


827_01.jpg





▲TOP
「シークレット・ウィンドウ」
あらすじ…ヒット作もあり名前の通った作家であるモート(ジョニー・デップ)は妻エイミ-と協議離婚中。湖畔で一人執筆活動をしていた。そんな彼の元にシューター(ジョン・タートゥーロ)と名乗る見知らぬ男が現れるれ「俺の小説を盗作した」と詰め寄る。全く身に覚えの無いモートは取り合わない。だが、シューターが残した小説の原稿を読んでみると、それはモートが以前発表した短編小説“シークレットウィンドウ”と一言一句同じものだった。シューターは「ラストを書きなおしてもう一度発表しろ」と詰寄る。

スティーブン・キング原作の映画化です。キング作品の映画化はたくさんされているけれど「読者に想像を掻き立てさせ怖がらせる」小説が多いので、ホラー映画として観たときにはがっかりしてしまう事が多いです。けれど「ミザリー」のように心理的怖さを映画化した時は成功しているので、今回もその点に期待して観ました。

(以下ネタバレあり)

ある一つの証言から真相には感づきました。けれど、ラストに行くにしたがって尻つぼみになりガッカリするパターンが多い中で、この作品はここからがいいです。
決して犯人が捕まりめでたしめでたしじゃ無いのにスッキリします。もしエイミーの恋人が助けに入っていたら、作品の価値はガクンと落ちてしまったでしょう・・・
と言うよりも助けが入ったらこの映画の根本が成立しなくなるのであり得ないわけです。
大抵は殺されそうになるヒロインの目線になるのだけれど、真実を知った後でも自分が犯人側の視点で物事を捉えていることがわかった時の面白さは今までと違う「味」がしました。

例えばモートが時折見せる口を大きく開けたりする仕草が顎の調子が悪かったのだとか、元妻エイミーが目にしたモートの家の中がメチャクチャだったのは急にそうなったわけじゃなく、ずっと前からメチャクチャでモートの目線にはそう映っていなかった・・とかDVDの特典映像を観ないと気付かない事も。
「なるほど」と紐解く楽しみがあったのでこの特典映像を観る事をお勧めします。

シューターは何をモートに「書きなおせ」と言いたかったのか・・この言葉がキーポイントです。


s_window.jpg



公式サイトhttp://www.sonypictures.jp/movies/secretwindow/site/contents.html

公式サイトへはリンクからどうぞ

▲TOP
「ローレライ」
あらすじ…1945年、第二次世界大戦下。広島に原子爆弾が投下された。海軍軍令部の浅倉大佐は、さらなる原爆投下を阻止すべく、最後の作戦を実行に移す。ドイツ軍から接収した戦利潜水艦・伊507に浅倉は長く現場を離れていた絹見少佐を艦長に抜擢し、原爆を積んだ戦闘機が離陸するテニアン島への奇襲攻撃を命じる。それは無謀な任務に思われたが、伊507には“ローレライ”と呼ばれる特殊な敵艦探知システムが搭載されていた。そんな矢先、今度は長崎に原爆が投下。そして第3の標的となったのは首都・東京だった。

見るつもりでは無かった映画でしたが、友達が観たいとのことで見て来ました。
評判は良かったし「感動巨編」と銘打ってもいたので期待もしたのですが残念ながら感動はできませんでした。
第二次世界大戦、原爆と現実を背景にしているのですが、少女の特殊能力や、その能力を引き出す装置が現実味に欠けていました。
木崎大佐(柳葉敏郎)の最期のシーンにおいては「K-19」を彷彿とさせたし、パウラの歌は歌手の設定でも無い限り上手すぎじゃ・・・しかもかなりの口パク。

原作を読んだ人がいて「映画を観たい」という感想でしたから小説を読んで想像を膨らますのだったら多分感じ方も違い感動もしたかも知れません。そこが「映像にする」ことの難しさですね。


roreri.jpg



公式サイト http://www.507.jp/index.html

公式サイトへはリンクからどうぞ

▲TOP
「テッセラクト」
あらすじ…古ぼけた宿の303号室でイギリス人ショーンは、タイ人マフィアのシア・トウを待っている。ショーンが受取る予定のドラッグは、シア・トウが対立するギャングから奪ったもの。女の殺し屋がブツの奪還を試みるが、失敗。彼女は同じホテルの203号室でシア・トウを待ち構える。午後5時47分…停電。心理学者のローザはホテルにチェックインしようとしていた。ベルボーイの少年は宿泊客のいない部屋で金目のものを漁っていた・・・これらの人物が絡みあっていく。

「テッセラクト」・・四次元立方体(映画の中では「四次元展開図」と表現されている)。さまざまな人物の運命的な絡み合いを「段落ごとに展開」していく手法をこの言葉で表現したのでしょう。
その「メメント」を彷彿とさせる手法は一度では頭の整理がつかない状態で混沌とした空間の中に放り出された感じです。
たぶん、順序だったストーリー仕立てだったならば案外印象には残らない作品だったかもしれません。
それが段落ごとに分解され、過去に戻ったり次に進んだりするストーリーに、いつのまにか飲まれて次ぎの状況が知りたくなります。脚本マジックですね。

(ここからネタバレあり)

どうもまだ頭の中で整理がついていない部分があって・・・。女殺し屋は203号室で間違いなく死んだはずなのにどうしてラスト、ショーンから薬物を奪還しにあの場に現れたのでしょうか。時間軸があわない・・・。
よくよく考えて見たら「双子の赤ちゃん」のムービーがあったのであの女殺し屋は双子だったって事?この解釈であっているのでしょうか。

それと、シアトゥ一味がホテルに現れた時、203号室から女の殺し屋が一味を射殺したシーンもありましたが、その後ショーンの部屋で普通にみんなピンピンしていました。これはいったいなんだったのか・・・。

全体的に難解な映画ではありました。

tesseract.jpg



予告編映像 http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD4725/trailer.html から観れます。





▲TOP
「蝶の舌」
あらすじ…1936年のスペイン、ガリシア地方の小さな村。喘息のため遅れて小学校医入学した8歳の少年モンチョ(マヌエル・ロサノ)は、「先生は叩くから」と恐る恐る学校に行くのだった。彼の先生は定年間近の老教師グレゴリオ(フェルナンド・フェルナン・ゴメス)。勉強だけでなく自然界の神秘を教えてくれ一緒に虫取りにも行ってくれる優しい先生だった。大好きなグレゴリオ先生。しかし、スペイン内戦が勃発し、彼らの平和な生活は一変してしまう…。

この作品に感動して書きたい事はたくさんあるのですが、「予備知識を持たずにストレートに観て欲しい」ので多くを語るのはこらえようと思いますが…

先生の教育は上から押さえつけるものではなく、子供達の個性と自由を重んじてくれる愛情溢れるものでした。
自然の中での授業。「蝶の舌はくるくる巻いているんだよ。顕微鏡がもう直ぐ届くから一緒に見よう。」夏休みにも虫取りに付き合ってくれた大好きな先生。
その先生との残酷な形での別離は言葉を失うものがありました。
あのラストの一言は胸に詰まるくらいぐっときます。
このラストは他に類を見ない程の名シーンとしてあたしの中に残りました。
それが決して押し付けがましい感動じゃないのは、どう感じるかは観客に委ねているからだと思います。
あくまでもモンチョの目線でありのままを見せているから。だからこそモンチョの心理の奥に自分が入り込んだ時あまりにも切なくなるのです。

chonoshita01.jpg



公式サイト http://www.asmik-ace.com/Butterfly/

公式サイトへはリンクからどうぞ 


▲TOP
「コンフィデンス」
あらすじ…ある日、ジェイクは仲間のゴードー、マイルズらと共にライオネルという男を巧みに騙し15万ドルを奪った。それは、警官たちも賄賂で巻き込んで完璧に仕組まれたものだったのだが、間もなく仲間の一人アルが遺体で発見される。ライオネルの金の出所が、なんと暗黒街の大物、キングだったのだ。窮地に陥ったジェイクは、自らキングのもとに出向き和解を求めた。キングはジェイクの詐欺師としての腕を見込み、銀行家モーガン・プライス相手に500万ドルという大金の詐欺を実行するよう命じるのだった。

面白かったですね~。ラストまで完全に騙されてました。
最後にあれもあれも伏線だったのかとわかった時の爽快感がいいです。

プロローグにジェイクがしゃがみこみ黒人男に銃を頭に突きつけられている絶対絶命のシーンが流れます。意味深に立つ赤毛の女。隣に立つ黒人男はプライスの部下(後から身元が判明)。どうやら女はジェイクを裏切ったようだ。
ストーリーが過去に戻り現在までの事件の流れを追っていく。その間にも「現在」シーンが挿入され、どうして・・どんなミスをジェイクがしてしまったのだろうか、と興味がより増していきます。
「20手先を読むんだ」…と言っているジェイクが、暗黒街のボスを巻き込んでしまった事でさえ、実は「先を読んでいたから?」と思わせるプロットです。

若い天才詐欺師にエドワード・バーンズはハマり役。アンディ・ガルシア、ダスティン・ホフマンの出番は多いと言えないのに存在感があるのはさすが。登場人物が多い作品だと誰が誰やら混乱してくることが多々あるけれど、今回は皆キャラがはっきりしていて混乱することなく楽しめました。

confidence.jpg



公式サイト http://www.gaga.ne.jp/confidence/" target="_blank">http://www.gaga.ne.jp/confidence/

▲TOP

ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。