ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「タイムライン」
あらすじ…フランス南西部のとある修道院遺跡の発掘現場で考古学専攻の学生たちが14世紀の地層から驚くべき遺物を発見する。現代の製品としか思えないメガネのレンズと“Help Me”と書かれたメモが出土したのだ。それは、発掘プロジェクトのリーダーで、スポンサー企業ITCを訪ねたまま行方不明になったジョンストン教授から教え子たちへのSOSだった。教授の息子クリスをはじめとする発掘チームはITCの社長から、教授はITCが極秘に開発した時空間転送装置で14世紀フランスに転送され、現地で消息を絶ってしまった事を告げられる。クリスは他の仲間6名とともに教授の行方を追って中世フランスへと向かう事を決意するのだが、そこは英仏百年戦争の真っ只中だった。


(以下ネタバレあり)
タイムトラベルものは現在と過去(あるいは未来)がどのように結びついているのかと言う点をいかに観客に納得させるかだと思います。
なので、耳の無い採掘途中の石造が現代でそれを見ているアレク本人だったとか(まだ石碑までは出てきてないにしても)、過去では思い切りトンネルへの通路を開けるために壊してしまっているのに「傷ついた壁画」が現代では残っていたとか矛盾を抱いてしまう所は失敗部分でしょう。
粉々になったのにたった5時間余りで直せる転送装置の安っぽさも気になったし・・。

けれど、一番感動したのはその矛盾を感じた「耳の無い石造」がマルク自身だったという点だった事を正直に書いておきたいと思います。
時空間移動の解釈はすごく微妙であって、この点を監督に問えばきちんとした説明をもらえる事を期待します。

序盤から最後まで中だるみが無く緊迫感が続いたストーリー展開は満足出来たし、あら探しをしないで娯楽映画として楽しんで観てもいいんじゃないかな。あたしにとっては充分合格点でした。

timeline_2.jpg



公式サイト  http://www.timeline-jp.net/

公式サイトへはリンクからどうぞ




スポンサーサイト
▲TOP
「デビルズ・バックボーン」
あらすじ…激しい内戦が続くスペイン。人里離れた荒野に建つサンタ・ルチア孤児院に12歳の少年カルロスがやって来る。幼児を漬けたラム酒を飲む老牧師や義足の女院長など不気味な大人たちが少年を迎え入れる。彼に与えられたベッドは“12番”。それはかつてサンティという少年が使っていたベッドだった。その日から、カルロスは奇妙な囁き声や物音に悩まされるようになる。やがてカルロスはサンティの霊が何かを自分に訴えかけていると感じる。

タイトルでホラー嫌いな人は敬遠してしまいそうなのですが、この作品は幽霊は出てきても「怖い」とか「おどろおどろしい」といったものはありません。
ホラーと言ってもその中にはいくつかのジャンルがあって、「13日の金曜日」のように「犯人によるスプラッタータイプ」、「アザーズ」のような「精神的に追い詰めるタイプ」、「デッド・コースター」のような「輪廻タイプ」、そして「怨霊タイプ」とさまざまです。
本作を分類するのだとすれば「呪怨」のように霊がきっかけで主人公が核心に近づいていく「謎解きタイプ」とでも言えましょう。

大人達の野心が入り乱れる人間関係や、子供達の新入りを仲間として受け入れて行く過程が丁寧に描写されていたし、個々の人物像がしっかり出来ていたので老教師が死んでいく場面ではホラー映画だと言うのに涙が滲んできたほどでした。
観終わった後はホラー映画を観た感覚よりも告発ものを観た感覚。そんな重さです。
霊の怖さよりも人間の愚かさを浮き彫りにした異色で、怖い物好きのあたしではありますが、この作品は怖く無いけど観てよかったと思えました。

昼間の場面が多いのに暗さが印象的なのは、30年代という背景を浮き立たせることと、監督がホラーである事にこだわったからだと感じます。

ちなみに「デビルズ・バックボーン」とは「悪魔の背骨」という意味です。

20050330222252.jpg




公式サイト  http://www.akuma-no-sebone.com/

公式サイトへはリンクからどうぞ
▲TOP
「リディック」
あらすじ…5つの惑星から指名手配され、銀河系のはずれで逃亡の日々を送るリディック。新たに高額な懸賞金を掛けたのは誰かとヘリオン第1惑星へとやって来た。平和だったこの星は、いまや凶悪な種族ネクロモンガーのリーダー、ロード・マーシャルの手に落ちようとしていた。へリオンに暮らすエレメンタル族の使者エアリオンは、リディックが救世主と信じ助けを乞う。その話を一笑にふすリディックだったがやがて宿命に身を任せる事となる。

「ヘリオン」だ、「フューリア」だとカタカナの名前が次々と出てくる序盤はストーリーを理解するために予備知識を得て少し整理しておく方がいいかもしれません。
CGを使っているにしても未来惑星の見せ方は迫力があり大きなスクリーンで観たかったなと思いました。
「トリプルX」のヴィン・ディーゼルが好きだったらこの作品もタフなヒーローとして楽しめるでしょう。

ただスケールが大きいのに、ストーリーには不満が残りました。
そもそも懸賞金稼ぎに捕まって「クリマトリマ」惑星に行き「ジャック」を助け出すまでの一連のストーリーが、筋書きのなかで大切な部分だったのでしょうか。
見せ場は多かったのだけれどサイドストーリーの感は否めません。
『ネクロモンガーとの宿命の対決』がストーリー全体の鳴りものなのだとすれば、その部分はほんのわずか。
リディックの特殊能力のすごさを際立たせるような場面も乏しいです。
しかもあのラストはちょっと・・・。

「ピッチブラック」の続編と言うことですが前作の方はもっとおもしろかったのでしょうか?
同じアンチ・ヒーローものならこの作品よりあたしは「ブレイド」を推しますね。

riddic.jpg




公式サイト  http://www.riddick.jp/

公式サイトへは「リンク」からどうぞ
▲TOP
「ツイステッド」
あらすじ…サンフランシスコ市警の新米捜査官ジェシカ(アシュレイ・ジャド)は、両親の過去に関係した心の問題を抱え心療治療を受けている。初めて捜査となった川での水死体事件。が、その被害者はジェシカが一晩だけ肉体関係を持った男だった。第二の被害者もまたバーで自ら誘い一晩の関係を持った男。そして再度起こる殺人事件。状況証拠は自分の影ばかりが残されている。ジェシカには事件のあった日の記憶は無く自分が犯人ではないかと追い詰められていく。

序盤から中盤にかけての面白さの割りにはラストに向かって平凡になってしまったと思います。
ジェシカの苦悩の根源である「両親の死」をもっと掘り下げて、ジェシカが目にした記憶を辿っていくと言うようなコンセプトが欲しかったです。
犯人推理として、「意外な人物」というのはお決まりにしても、あの犯人への持って行き方は「なんとかどんでん返しをしよう」と無理した感じがしますね。動機にも説得感がありません。
アンディ・ガルシア、サミュエル・ジャクソンと、名優を揃えているのに印象が薄い作品で終わってしまったのが残念です。


TWISTED.jpg




公式サイト  http://www.twisted-movie.com/

公式サイトへは「リンク」からどうぞ。
▲TOP
「夜になる前に」
あらすじ…キューバの亡命作家レイナルド・アレナスの生涯を描いた作品。アレナスは、14歳で暴動に参加。大学に通い、作家を目指すと同時に同性愛に目覚めていく。処女作は評価されるが、やがてキューバ政府は芸術家や同性愛者たちを弾圧。アレナスも政府や警察から容赦ない迫害を受ける日々が始まる・・・。

なんの予備知識も無く観ました。ジョニー・デップが女装で出てきた時に始めて「それで話題になった映画はこれだったのか・・」と思った程です。
キューバの弾圧的政治背景に翻弄される実在の作家と言う事で、その内容はなかなか衝撃的ではあるのですが、出生から最後まで本をめくるように平坦にストーリーが運ばれるので盛り上がりが無く、観ている方も淡々と目で追っていくと言った感じ。

 (この先ネタバレあり)

ラスト近く急に衰弱して行くのですがそれが「エイズ」に侵されていたのだとわかったのはサイトを観てからです。その点が明確に描かれなかったのは何故なんだろう・・・。
「鎮痛剤を大量に取って自殺」とあったけれど、あたしには「ラサロに殺された」としか映りませんでした。この点の矛盾も良くわかりません。

それでもハヴィエル・バルデムはアカデミー最優秀男優賞にもノミネートされ、いくつかの最優秀男優賞を獲得した実力者ですし、脇をオリヴィエ・マルティネス、ジョニー・デップ、ショーン・ペンと言ったそうそうたる俳優人が固めているという点は抑えておきたいポイントでしょう。

20050327201814.jpg




公式サイト http://www.asmik-ace.com/Bnf/ 

▲TOP
「誰も知らない」
あらすじ…アパートに引越しをしてきた母と息子。大家の元に挨拶に行った二人は「主人は単身赴任中で二人暮らし」であると嘘をつく。実は他に子供が3人いるのだった。それぞれ父親の違う子供たちを世間の目から隠し子供4人の母子家庭であることを悟られないためだ。母は気まぐれに1ヶ月留守をしてはふらりと帰ってくる。しかしとうとう家を出たまま帰ってこなくなり・・・

母親はそれなりに子供たちに優しく可愛がってもいる。
けれど男にルーズで「女」であることを優先してしまい、ある日置き手紙とお金を置いていなくなってしまいます。
学校にも行かせてもらえず、見つかるとまた追い出されるからと長男の明以外はベランダに出る事すら許されません。

不良仲間にそそのかされても万引き行為に及ばなかった明が妹の為に初めて医療品を万引きするシーンはせつないです。
けれど、背景が「子供の置き去り」というなんとも重い事件なのにもかかわらずこの映画は「まるで優しく包みこむように」子供たちを見守った目線で描いているなと思いました。
観た後に爽やかな気分にさえなってしまうのです。

子供たちは演技をしているの?と思えるほど自然体で、末娘役の少女でさえ生き生きとした表情です。
明役の柳楽(やぎら)優弥くんは撮影の1年の間に声変わりをしたといい、それがぴったりと映画の時間に溶け込んでより一層、子供達だけで過ごした月日をリアルにしています。
憎むべき母親役もYOUがさりげなく明るく演技して良かったです。

悲惨で悲しいだけじゃなく、「子供達の応援歌」でもあるこの作品。やっぱり柳楽くんの「目力」が印象的でした。

20050325174340.jpg



公式サイト  http://www.kore-eda.com/daremoshiranai/index.htm
▲TOP
「CODE46」
あらすじ・・・近未来。都市間の移動は厳しく限定され、パペルという滞在許可証を発行された者のみに許されていた。シアトルに暮らす調査員ウィリアムは、パペルの審査・発行を一手に引き受けるスフィンクス社から、パペル偽造事件の捜査を依頼され上海に渡る。特殊能力を有する彼は、社員の一人、マリアが犯人と見破る。しかし二人は同一の遺伝子を持つ者同士の生殖を禁じた“コード46”を犯した恋をしてしまう。

好きな映画「ショーシャンクの空に」のティム・ロビンス主演の映画です。
イギリス映画、そして近未来を舞台にしているといえば華やかな作品と感じてしまうがまるでフランス映画を思わせるようなまろやかな描き方です。
サスペンス調なのかと思えば悲恋ラブ・ストーリーだったし。

終わり方も、ストーリー仕立ても全体で見ればいい感じなのだけれど、主人公の二人の悲恋が芯に迫ってこないのは、「コード46」の定義そのものがいまひとつピンと来ないせいだと思います。
「パペル」にしても、どうしてそこまで都市間移動を徹底しなければならないのかという背景が見えてこないです。
恋に落ちていく過程もしかり。
それら個々の中途半端さが全体をぼやけさせてしまった気がします。

ただ、恋愛の記憶を消したとしても、その人に再び出逢ったのならばまた同じように恋に落ちるはず・・その考え方としては作品に共感しました。

CODE46.jpg



公式サイト http://www.code46.net/

▲TOP
「SAW(ソウ)」
最近とんと緊張するスリラー映画と出逢ってなかったのだけれど、「ソウ」が久しぶりにこの緊張感を持たせてくれました。

あらすじ…老朽化したバスルーム。鎖に繋がれた対角線上の男2人。2人の間には自殺死体。
部屋には新品の時計が据え付けてあり、ポケットの中のカセットテープが「6時までに相手を殺せ」と男に言う。


目が覚めた時には全く理解出来ない状況下にいるシチュエーションは「CUBE」を思い出させたし、諭しのあるいくつかの殺人事件の様は「セブン」を思い出させました。そんな風に感じた後、公式HPを観たらこの映画は全米で「CUBE MEET SEVEN」と噂されたのだとか。やっぱりね・・・。

「CUBE」の不条理の世界と「SEVEN」の事件性が融合した巧みな脚本でラストまで一気に見せてくれました。

(ここから先ネタバレあり)

あそこまで数々の死に追い込むまでの過程が完璧に近いのに、最後姿を現してあっけなく殺されてしまうのが、なんだかなあ・・という思いだったのですが、その一瞬の裏切りを見事に覆してくれました。
「SEVEN」にしてもこういうスリラーは『救いの無いラスト』で終わるのがより観る側に重苦しさとともに強い印象を残します。まさにこの「ソウ」もその形をとって成功しています。

当初2004・10・1に全米公開予定だったのが規制問題で公開バージョンを撮り直し30日間公開が遅れました。東京国際ファンタスティック映画際では全米中止バージョンが公開されましたが、当然日本公開はこの一度きりでした。

全米中止バージョン観たかったな・・・

saw1.jpg



公式サイト  http://sawmovie.jp/







▲TOP
日暮里は安い!!
「第1回トール教室買い物ツアー IN 日暮里」

『ニポカジ』と呼ばれ知る人ぞ知る日暮里の「日暮里繊維問屋街」
先生も含めてトール教室のみんなで買い物に行きました。

待ち合わせは南口ロータリーから歩いて3分程の「ヘイワ堂」
20050320215753.jpg

品定めしながらの待ち合わせとなりました。
日暮里に行くならまずはここからチェックがいいです。
紳士ものも多少あるけれどヤング、ミセスヤングくらいの年代のものが主流。2階はパジャマなど。
入り口には¥399¥599のジャケット、¥69の靴下などが並んでいます。
店内だって安くてもう¥1000以上は高く感じてしまいます。

姉妹店の「REMON」は子供服専門です。「ヘイワ堂」からメインストリートの交差点を渡ってすぐ。

20050320220741.jpg
130センチくらいまでが多く、140センチ以上は数が少ないのは残念。


次ぎに行ったのは「REMON」の先に位置する「OUTRET MEGASTORE」
メーカー品が安く買える会員制の店です。
会員は値札の30%オフ、50%オフ、80%オフで買えちゃう♪
ちなみにあたしは「PICO」のトレーナー¥3045を80%オフの¥609で購入!思わず自分と娘たちと3枚購入♪
20050320221836.jpg
会員には直ぐその場でなれるようです。

ヤング中心の品揃えな「POP GIRL」長女のものをここで物色。
20050320222440.jpg


他にも「オレンジ」「ドウモト商店」など安い店がたくさんありました。

今日のあたしの買い物は10点で¥5252!!
大満足の一言です(*^_^*)
▲TOP
スーツケースは「買い」か「レンタル」か
海外旅行に行く回数が殆ど無いと、場所をとるハードカバーの大きなスーツケースはレンタルにしようか・・と一度は考えるものです。
我が家の場合もショートステイに備えて準備をしなければならないのだけれど、何週間も行くような海外旅行はこれからも当分は無いだろうし・・と「レンタル」の言葉がよぎります。

そこで比較検討!

「QLライナー成田空港宅配&レンタルスーツケース」
を元に考えてみました。

旅行日数が12日以上の場合、大きさは73~75センチは欲しいようです。我が家は15日間なのでこのサイズ(L)ですね。

11日間では¥6700
12日以降 ¥6700+¥400×日数

   15日間だと¥6700+¥1200=¥7900

配送料金往復¥2000
朝配達10:00迄だと¥1300追加。
夜間18:00以降は¥500追加
   ノーマルで考えて¥7900+¥2000=¥9900               

予定日5日以降のキャンセル料¥3000


サンシャインでは¥11,550で売っていたから大差は無いですね。
自分の気にいったものを買った方がいいかな。

使い終わったら季節の洋服をしまって衣装ケース代わりにしちゃうって手もあるしね♪

20050317174830s.jpg

今狙ってるスーツケースはこれ♪

▲TOP
パスポート代理申請
6月にショートステイに行く娘の為にパスポートの申請に行って来ました。。
旅券窓口は「新宿旅券課」(新宿都庁都民広場地下1階)があり家からはここの方が近いのかもしれないけれど、池袋のサンシャインシティ内の分室に行く事にしました。(ワールドインポート5F)。

申請に必要な物・・「一般旅券発給申請書」
            「戸籍謄本または抄本」 本人のみの場合は抄本でOK。
            「6ヶ月以内に撮影した写真」 ボックス写真でもパスポート用サイズあり。
            「郵便はがき」 宛名に住所、氏名、郵便番号記入。
            「本人確認書類」 運転免許証や失効6ヶ月以内のパスポートなら1点、
                        健康保険証は他にも1点必要。
            「前回の取得した旅券」 2度目以上の人。

必要に応じて・・・ 「印鑑」印鑑登録証明書を身分証明で提出する場合は登録された実印が必要
                法定代理人以外の人が代理署名する場合。

私は娘の代理申請なので自分の身分証明書が必要でした(運転免許証など)

申請は混んでなければ10分程度で完了。
受給日(大体10日後)以降に、郵送された葉書を持参して本人が受け取ります。
ちなみに金額は5年旅券で10000円(12歳未満5000円)、10年旅券で15000円。

サンシャインワールドインポート内分室の真向かいには旅行用品の『トラベランド』があるのでそこをチェック。
パスポートを取りに来た時でもいいし、持ち物の学校説明会が来月にあるので先走ってあれもこれも買い揃えないことにしました。品揃えを下見しておくのが目的です。
ただ、22日までのセールで20%offと聞き、必ず必要な「変換プラグ」「電圧切り替え式ドライヤー」を購入。20%offはおおきいですからね。
後はサンシャインに隣接する東急ハンズの旅行用品フロア(7階)も覗いて見ました。
使い捨てショーツは5枚入りで¥945(コットン)。これなら100円ショップのを買って使い捨てにした方がお得かなって感じですね。

次回はスーツケースは「買い」か「レンタル」かについて。



                 
▲TOP
好きな映画
  「パピヨン」・・・・・・・あくなき脱出劇。ダスティン・ホフマンに泣けます。
  「大脱走」 ・・・・・・・・脇役のジェームス・ガーナーが好き。「きみに読む物語」の老ノア役。
  「スリーパーズ」・・・・・少年院時代の虐待の復讐劇。
  「告発」・・・・・・・・・アルカトラス刑務所を閉鎖に追い込んだ実話。ケビン・ベーコン がいい。
  「ショーシャンクの空に」・・モーガン・フリーマンは大好きな男優さん。観終わった後は爽快
  「グリーン・マイル」・・・ファンタジーでありながら奥が深い。泣けました。
  「メメント」 ・・・・・・・リバースしながら真実に辿り着く斬新なサスペンス。
  「グラディエーター」・・・アカデミー作品賞、ラッセル・クロウは最優秀男優賞を獲りました。
  「ある日どこかで」・・・・タイムトラベル・ラブストーリー。せつないです。
  「タッカー」・・・・・・・40年代に単身自動車業界に挑んだ男の実話。
  「アルマゲドン」・・・・・ブルース・ウィルスはやっぱりおいしい所を持って行きます。
  「セブン」・・・・・・・・ホラー色の強い刑事サスペンス。               
  「アイリス」 ・・・・・・・老夫婦の愛と苦悩が美しく表現されます。
  「ブレイド」「ブレイド2」・・ヒーロー像がいいです。アクションも痛快。
  「ペイ・フォワード」・・・・一人の少年が起こす奇跡。ピュアになれます。
  「イン・ファナルアフェア」・・ブラピが映画史上最高額でリメイク権獲得。脚本が良いです。
  「ライフ・オブ・デビット・ゲイル」 ・・冤罪がテーマ。ラストやられました。考えさせられます。
  「アイデンティティー」・・・ただの犯人探しのストーリーじゃなく、どんでん返しがすごい。
  「チョコレート」・・・・・・人種差別感を持つ男と黒人女性の静かなラブ・ストーリー
  「きみに読む物語」・・・・・永遠の愛を信じたくなります。


▲TOP
過去の作品
<バスケットケース>

作品完成時期が前後してしまいますが・・。こういう色調の暗いものって結構好きです。

20050315111418.jpg


たまごの色合いが写真に出なくて残念。
▲TOP
<トレー>
16年11月完成。野菜モチーフのトレーです。
かぼちゃの立体感は出てるでしょうか?

20050314144653.jpg

20050314144827.jpg


▲TOP
過去の作品
<聖女>

15年度クリスマス作品。パステル色を基調としてやわらかいデザインです。肌の色と眼がポイントでしょうか。

20050314222055.jpg


▲TOP
過去の作品
<2人の天使>

14年度クリスマス作品。天使の冠、透けた球体など細かな作業が続いてかなり時間を取った作品です。普通の板が切り株に見えてくれたなら成功かな。

20050314222036.jpg


▲TOP
過去の作品
<サブバック付きバック>

16年夏頃の作品。ホワイト単色でサイドローディングのみで描いています。水の代わりにメディウムを使って絵の具を定着させます。皮なので筆運びがスムーズで見た目よりも楽に仕上がりました。

20050314161303.jpg


▲TOP
過去の作品
<クリスマスプレート>

13年のクリスマスに描いたプレート。洋ナシがモチーフです。立体感を出すために右側のぼかしに苦労しました。広い範囲のサイドローディングでのぼかしは未だに苦手(>_<)
周囲はクロスステッチ手法。

20050314161113.jpg


▲TOP
過去の作品
<腕時計>

木の素材に描く方が好きなのですが先生が時々進行の合間に素材の違うものを提案されます。
こういうツルツルしたものにはなかなか絵の具が乗り辛いのですが簡単に直せる分気楽に描けたかも。最後のニスはしっかりと。

20050314161250.jpg


▲TOP
過去の作品
<湖畔の風景>

景色の周りの枠取りはあまり好きな感じじゃ無かったんですけどね。キムゴールドがなかなか乗らなくて何度も重ね塗りをしています。メインよりも左右の花の練習素材でした。
湖の色は何色も重ねています。

20050314161205.jpg


20050314161221.jpg


▲TOP
過去の作品
<リモコン立て>

実は奥の景色のモチーフより奥の実の方が手間が掛かりました。

20050314160002.jpg


▲TOP
過去の作品
<天使>

教室に入って2年目からクリスマスに向けての作品を描くようになりました。

初期の作品なので恥ずかしいですね。サイドローディングもまだまだといった所です。リボンに「merry Xmas」と入れようとおもったのですが季節を問わなくてもいいかなと思いいれませんでした。現在はトイレに飾ってます。

20050314160020.jpg


▲TOP
過去の作品
<ペン立て>

レースモチーフです。ベースを塗った後にトール用の薄いレースペーパーを置き上から叩くようにホワイトで色を置いて行きます。にじまないようにするのがポイント
20050321234549s.jpg


▲TOP
過去の作品
教室で描いて来たものをさかのぼって記録しておきたいと思います

<レターラック>

下地はベース色の後にアンティークホワイトでスポンジング。
スミレの花芯近くのぼかしが難しかった作品です。

20050321234522s.jpg


▲TOP
OPEN♪
aiです。趣味の記録の場所として開設しました。手探りだけどゆっくりやって行きます

20050321234355.jpg
16年クリスマス作品<DOG>

動物を描くのは初めてだった作品。花のモチーフ部分が一番時間が掛かりました。


▲TOP

ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。